Now Loading...
みんなの投稿はこちら
#東横デパート閉めるってよ
#東横デパート戦利品

CAMPAIGN

「85年分の東横総決算」でGetした「戦利品」を
ハッシュタグでTweetして、プレゼントをもらおう!
記憶に残るお買い物をお楽しみください。

2月
2月分のプレゼントキャンペーンは終了しました。 プレゼント内容
  • A賞. 東横のれん街のお菓子山盛り! 85袋セット & 東急グループ商品券 5,000円分(5名様)
  • B賞. 懐かしの東横ポスター3枚セット & 復刻ショッピングバッグ (10名様)
  • 開催中の『懐かしの東横デパート思ひ出展』ポスターと名物催事などの東横店ポスターを3枚セットでプレゼント。復刻ショッピングバッグもおつけします。
  • ※プレゼント内容はお選びいただけません。

応募期間
1月31日(金)〜2月13日(木)

発送時期
A賞.2月下旬予定
B賞.4月上旬予定

3月
3月分のプレゼントキャンペーンは終了しました。 プレゼント内容
  • A賞.東横デパートの思ひ出展展示中の「ひばり号(ダンボール製・組み立て式)」(1名様)
  • キャンペーンハッシュタグと合わせて、ハッシュタグ「#ひばり号」のTweetをお願いします。
  • B賞.東急東横店オリジナルポストカード 10種(額入)& デザイン缶 5種セット(5名様)
  • ※缶の中身は入っておりません。

応募期間
3月1日(日)〜3月20日(金)

発送時期
4月上旬予定

ENTRY

公式SNSアカウントをフォロー
公式SNSアカウントをフォロー

まずは、東急百貨店 東横店のTwitter公式アカウント(@TOKYU_DEPT_ty)を
フォローしよう!

東急百貨店 東横店での戦利品を撮影
東急百貨店 東横店での戦利品を撮影

東急百貨店 東横店で
お買い物した戦利品を撮影!

ハッシュタグをつけて投稿
ハッシュタグをつけて投稿

Twitterで①②のハッシュタグをつけて、投稿してみよう!
①「#東横デパート閉めるってよ」
②「#東横デパート戦利品」

東急フードショーは
残るってよ

COLUMN

東横デパートと渋谷駅あるあるをご紹介。

ハチ公も見ていた東急百貨店オープン

東急百貨店は、1934年11月1日に開業。営業時間は9〜21時でした。当時、渋谷駅にはハチ公が毎朝訪れていたそう。開店に心躍らせる人々に混じって、ハチ公も東横店を見ていたのかもしれません。開業の翌年に亡くなるまで、忠犬ハチは渋谷駅前に通い続けました。

誰も知らないエレベーターガール

「上へ参りま〜す」昔はどの百貨店にもエレベーターガールがいました。彼女たちは館内の案内だけでなくエレベーターが滞らぬよう調整も行っていて「今よりスムーズだった」と懐かしむ声も。ちなみに当時は花形職業だったエレガ。実はかなり体育会系で、例えば肘の角度は90度! と決められていたそう。

東京カルチャーの原点となった東横デパート

「東急百貨店」誕生の地は、渋谷スクランブルスクエアとほぼ同じ場所。85年前関東初の電鉄直営ターミナルデパートとして開業。続いて西館・南館、日本初の名店街をスタート。ほかにも劇場、遊園地、神社……さらには駅をまたぐケーブルカーまで! 自由な取り組みは数々の東京の文化に繋がっています。

渋谷駅ナカ「落語名人会」

柳家小さん、古今亭志ん生、桂三木助、桂文楽、三遊亭円生……名人と呼び声高い5人の噺家が集う落語会が、かつて9階にあった「東横劇場」で行われていたのは知ってますか? チケットは当然、超がつくプレミアム。演者は時代と共に移り変わりましたが、閉鎖までおよそ300回・30年続く人気イベントでした。

喫茶・東急百貨店!?

東横線が横浜から渋谷まで延伸し、ターミナル駅になりつつあった1927年。駅周辺には飲食店がほとんどありませんでした。そこで東急が食堂を開業。カレーやオムライス、珈琲など喫茶メニュー中心でしたが評判は上々。さらに惣菜も出してみたらこちらも大当たり。今日の百貨店構想が生まれたそうです。

売るものがない、だから夢を売る

日本中からあらゆる物が姿を消した終戦直後。当然商品がなければ営業できない……かと思いきや、伊勢丹・三越・松屋ほかと協力し宝くじを売ったこともあったそう。ちなみに1等10万円(今の価値で1億8千万円程)、ハズレでも煙草10本。実に商魂たくま…いや「庶民の夢」の百貨店は非常時も健在でした。

怪獣たちにも大人気の百貨店

数々の映画の舞台となり、とくに特撮ではなぜか蹂躙され続けている東横店。初代『モスラ』では幼虫に弄ばれ、『ガメラ3 邪神覚醒』では豪快に爆破、そして『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』では水没の憂き目に。でも特撮では時代を象徴する場所が壊されるそうで、そういう意味では誉れ……ですかね。

元祖・渋谷「空中散歩」

ときは昭和26年。渋谷に連日子どもたちの行列ができる場所がありました。それは東横店西館から駅をまたぎ、旧東館(現スクランブルスクエア)を結んだケーブルカー。わずか2年の運行ながら映画の題材にもなり大人気だった、ひばり号。渋谷スカイの先輩(!?)として空前の空中散歩ブームをつくりました。

モアイじゃないよ「催合」だよ

ハチ公と並ぶ待ち合わせスポット、モヤイ像。実はイースター島ではなく新島出身。島の方言で「催合=力を合わせる」という由来を持ち、制作の際にも新島と都会の若者が協力して作り上げたという逸話も。表のサーファーには当時若者で賑わった島、裏のお爺さんは流人の意味もあるそうで……モヤイ深い。

谷を盛ってつくりあげたビットバレー

渋谷って坂に囲まれ地下の印象強いと思うんですが、これは駅で坂上まで人を移動させるため縦穴構造にしているからなんだそう。ちなみに「渋谷」の由来はサビで渋色だった川、しぼんだ谷、平安時代に捕えた賊の名など諸説。元々「谷盛」と呼ばれたこの地は、昔から人の手によって盛り上げてきたのですね。

想い出が
たくさんあるね

TWEET

SNS

東急百貨店 東横店 公式SNS

マジ?
ショックなんだけど

#東横デパート閉めるってよ

渋谷でみんなとすごした85年。
2020年3月31日にその歴史に幕をとじる
東急百貨店 東横店が、
愛と感謝を伝えるTwitterキャンペーンサイト。